タクト関東の人間が少しの雪でも騒ぐのは

タクト関東の人間が少しの雪でも騒ぐのは日常的ではないからだよ。千葉県民は慣れてるけど、北海道の人間だって空から落花生が降ってきたら騒ぐだろ?だから大目に見てやれよ

【もときちのリシケシ/エピソード?−6日目−?】

[25]車の車窓から

12:00ごろ、チャーターした車での帰路となった。〜

車は、国道らしき道をぐんぐん進み、相変わらずクラクションのうるさいリシケシの中心街、そして、ハリドワールの郊外をあっけなく通り過ぎていった。

インド滞在中は「少しくらいは暇を持て余す時間があるだろう」と思っていたが、毎日いろいろ催しがあって忙しい日々だったので、持参した書籍の出番はナッシン。

唯一ゆっくり会話できそうな食事の場面では、女子会トーク的な話題が多かったこともあり、実はメンバーと「ゆっくり話す」ことも、意外に少なかった。

帰路、長い道中となった車移動で、Haru先生とゆっくり会話することができた。キャー!

インドの事、子育ての事、ヨガの事、健康の事、ヨガ講師の現状、その他、たわいもない話・・・。

実は同い年だったHaru先生。

ヨガ講師になったいきさつも興味深かったし、真面目でもちょっと天然なところが◎。

時折りセイヤも交え、なごやかに会話は弾む。

そこで分かった衝撃の事実!!

駅にして2駅、柏原市の隣り町・八尾市在住のHaru先生&セイヤ親子。

セイヤが柏原駅近くの古本屋(古本市場だったかな)にちょくちょく進出してる、という。

おいらが持参した、古本屋で買った「トラベル英会話本(※)」が「めちゃめちゃ活躍したよ〜!」なんて言う話をしていると、

(※【もときちのリシケシ/エピソード?−?】を参照)

おいらが買う2ヶ月ほど前、インド旅行の話がまだ無かった3月ごろ、同じ古本屋で先にセイヤがこの本を手に取っていたとのこと。

結局セイヤは買わずじまいだったが、その後、もときちが購入したという経緯、何たる偶然。

確か、100円くらいで購入したけれど、1000円くらいやったら売ってあげてもええで〜。

なんて色んな話をしている中、車は広く田畑の広がるまっすぐな道を走り続ける。

道端には、ドロを丸く形どったようなものがたくさん積み重ねられていた。

恐らく牛糞だろう、直径1m弱くらいあろうかというでっかい円形の牛糞が、まるで、でっかいクッキーのよう。

さしずめ、「クレアおばさんの牛糞」といったところか?

途中、15:00ごろ、ドライブインで軽食を取ったりしながら、徐々に都心に向かっていく。

ニューデリーに近づくと、高速道路のように広く交通量の多い道に合流する。

都市部となると、日本車を少々見かけるようになる。

そうこうしているうちに、長かったような短かったような車の旅も終焉を迎える。

18:30ごろ、ニューデリー空港(インディラガンディー国際空港)に到着。

一週間弱同行していただき、日本人以上にきめ細やかな気遣いをしてくれたインド人らしからぬインド人・アニルさんともここでお別れ。

ほんとに「良い人」だったので、さよならは寂しかった。

お店の経営者でもあり、日々忙しそうだったので、身体に気を付けてほしい。

空港に足を踏み入れると、インドでありながらインドではないと感じる。

綺麗に整備された空港は、インドの日常とはかけ離れており、すでに別世界。

来た時には感じ得なかった感覚。

ここから帰国まではまだ長い長い空の旅が続く。

そう、家に帰るまでが遠足。

気が抜けない。

つづく。

迷いながら歩む一本道

神さまはいつも私たちにサインを

くださっています。

何気ない会話でひらめいたり

ふと開いた雑誌の文章から

インスピレーションを得て

それを行動にうつした結果

そこから物事が大きく

進んでいくことがあります。

私自身は自分のことに関して

神さまはお言葉をくれません。

でも私に気づかせるように

たくさんのサインをくださいます

実はいま、少し大きなことに

取りかかっているんですが

きっかけは何気なく目にした

写真でした。

そこからその道のプロに

交渉したりしているんですが

本当に進めていいのかな?

私に出来るかな?

とか、少し弱気になって

いたんですよね。

で!

次はおなじみの

エンジェルナンバーの

登場ですよ(;;

やたらと見る

エンジェルナンバー550

エンジェルナンバー550の意味は

あなたが体験している

大きな変化は天に導かれたものです。

神がこの変化の期間

愛と光と祝福で

あなたを助けてくれます。

天に導かれたもの!!

確かに導かれていると

思うけどつい疑ってしまうのは

未来はやっぱり選択しだいで

変わる不確かなものだから

だとわかっているから。

それでも

迷いながら歩む一本道

という感じですね。

あなたも神さまからの

サインを感じていますか?

感覚をクリアにして

受け取りやすくすることも

大切ですよ

提供サービス案内

あなたをお守りする神さまと、相性の良い願い事の叶いやすい神社をお伝えします

お守り神さまリーディングとは

お問い合わせはこちら

講座の情報やプライベートのことなど、

メルマガでしかお伝えしない内容も配信しております。

メルマガ登録をご希望の方は、お気軽にこちらからご登録くださいませ。

母と暮せば

主人公の浩二の、そして山田監督の思いやり

終戦から3年後、長崎の原爆で亡くなった青年が、ある日母親の前に現れることから始まる母と暮せば。巨匠山田洋次監督が手がけた85本目となる最新作は、ファンタジーの匂いを漂わせつつ、ずしりとした愛情のドラマを観る者の胸に届ける。主演の吉永小百合二宮和也が体現する親子の物語に複雑な味わいをもたらすのは、監督の前作小さいおうちでベルリン国際映画祭銀熊賞女優賞を受賞した黒木華。もはや名コンビとも言うべき二人が、作品に込めた思いを語った。

Q本作で二宮さんが演じられた浩二は原爆の犠牲となり、母親の伸子吉永小百合とともに恋人の町子は悲しみを耐えている。しかし監督は、町子に戦後の希望を託してもいますよね。

黒木どこか前向きなんです。監督にはどっしりとした明るさが欲しいと言われました。伸子さんもそうですが、町子はたくましい長崎の女で、原爆で受けた心のキズについて話すところもそこはそんなに暗くはしないでと演出してくださいました。

監督町子はね、幸せにならなければいけない人だと思う。浩二や伸子のことは忘れていくべきなんです。もちろんそれはとてつもなくツラく苦しい選択で、町子だっていつまでも思い返すでしょう、二人のことは。でもいずれは新しい恋人と出会い、結婚をし、家庭を持っていく。それが人間の運命っていうものですからね。

黒木そうですね小さくうなずく。

Qこの映画では母親の伸子しか、亡霊となって現れた浩二を見ることができないのですが、もし町子にも浩二の姿が見えてしまったらどうだったでしょう?

黒木見えてしまっていたらやはり、前には進みづらい気がします。見えるってことは一緒にいることと変わらないとわたしは思うので。自分のそばには浩二さんがいると変わらず愛し続けるのではないでしょうか。

監督あまりにもかわいそうだよね、町子が。浩二はきっと、町子のことをおもんばかって彼女の前には姿を見せないと決めたに違いない。それは浩二の精一杯の思いやりじゃないですかね。

黒木わたしは、山田監督の思いやりも感じました。

監督ああ町子よ、早く忘れていいんだよ、浩二のことはと、そう言ってやりたい気持ちは確かにありましたね。

二宮和也は歌舞伎役者っぽい

Qところで聞いた話では、二宮さんの台本の読み方は独特で、自分のセリフを中心に、あとはポイントをおさえる程度しか読まれない、と。そうして監督にすべてを委ねるメソッドらしいんですが。珍しいですよね、役者さんとしては。

監督初めて聞いたな。そうなの?

黒木ホン読みもありますし、全体のストーリーもちゃんとつかんでいらっしゃるとは思いますけれども。

監督そうだよね。かえって難しいよ、そのやり方は笑。昔の歌舞伎の役者ならば、そういうことをしたかもしれないけど。

黒木もしかしたら、二宮さんは歌舞伎役者っぽいのかも笑。わたしはいちいち現場ですごいなあと感心していました。柔軟性、反射神経が素晴らしく、監督から言われるとすぐに反応できるんです。わたしの場合は一瞬考え、ワンテンポ遅れてしまう。それはこういうことでしょうか?と確認もしちゃいますし。二宮さんははいと言って、トライされて、自分のものにされていくスピードがとても速いんです。

長崎、そしてナガサキへの思い

Qクランクインの直前に、二宮さん、吉永さん、黒木さん、そして監督とスタッフの皆さんとで長崎を訪れたそうですが。

黒木やっぱり、現地の空気を肌で感じて演じるのと、知らないでやるのとでは全然違う気がします。長崎の坂道をたくさん歩きましたし、ここにかつて、本当に原爆が落とされた、ということが今は信じられないくらい美しい街でした。でも何かは感じる。そこかしこに小さい教会があって、マリア様がいて、クリスチャンの皆さんが根付いて、生活が続いている街を実際に体感できたのはとてもありがたかったです。

監督怒りの広島、祈りの長崎って言うんだよね。祈りっていうのはつまり、クリスチャンが多かったということなんだ。2年前にこの企画が僕のところに井上ひさしさんの三女、井上麻矢さんから持ち込まれたとき、ふとできるんじゃないかと僕は思った。で、製作スケジュールとか俳優さんのキャスティングが決まっていき、待てよ、これは封切りはいつなんだと考えたら、2015年の夏までに完成させて年内に公開すると。ちょうど敗戦70周年だったんですね。そのとき不思議な運命のようなものを感じました。広島と長崎というのはカタカナやローマ字で書いたとき、別の意味を持ち始めるわけです。世界の人たちが知っているし、また20世紀の人類の歴史として記憶に留めなければいけない地名で、そのナガサキの物語ってことが重要ですよね。お母さんと息子の話なんですが、舞台はナガサキだと。それは世界中の人の胸に永久に刻み続けてほしい地名なんですよね。

山田監督が終戦70周年ではなく、敗戦70周年とこだわった理由が本作の肝でもある。つまり、そこからスタートするということだ。世の中には苦しいけれども前に進むために、忘れなければいけないことがあり、逆に、だからこそ絶対に忘れてはいけないこともある。母と暮せばはそんな山田監督の切なる思い、そして黒木華の真摯な演技が深い余韻を残す映画となっている。

映画母と暮せばは12月12日より全国公開

広告を非表示にする

おはよーございます今朝も公園を歩いちゃいました

今日も頑張って早起きして公園を歩いてきました

まずはこの格好でワンピースを着て公園に行きました

公園に着いてトイレでワンピースを脱いで普通に歩きながら誰も居ないのを確認して全部脱いじゃいました

脱いだのをそのまま放置して後ろ手に手錠をかけてトイレに戻りました

しかも手錠の鍵はトイレのワンピースの中です

誰かに見つかったら本当にヤバイって思いながらメッチャドキドキで心臓と顔面が熱くなりましたです

無事にトイレに戻り色違いを着て後ろ手に手錠をかけて先程脱いだのを回収に行きました

写メは後ろ手に手錠をかけてるイメージです

全裸と違って着てるだけで安心感はありましたが

ドキドキが止まらないままでした

おはようございます。先ほどの部分月食の

おはようございます。先ほどの部分月食の経過を206426の間、5分おきに撮影したものを比較明合成で1枚にまとめてみました。雲一つ無かったおかげで、このような写真が撮れました!ぜひお納めください。

第1635日目

天候は雨

台風のお陰で

今日は休み(*⌒∇⌒*)

ハンニバル三昧の予定

映像が、かなり

グロテスクなので

妻からクレームが出るかも(;^_^A

まぁ、台風休暇を満喫しよう

広告を非表示にする