箱根神社に祀られる龍神様!九頭龍神社新宮のお力とは?!

関東地方神奈川県のパワースポット

つづいては

私が東京神奈川で一番!と感じている

開運の社箱根神社のつづきっ

その1はこちら

ご祭神

瓊瓊杵尊

木花咲耶姫命

彦火火出見尊

ご神徳

交通安全心願成就開運厄除運開きの神様

住所

神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80-1

行き方

車がベスト

箱根登山鉄道箱根湯本駅箱根登山バス伊豆箱根バス箱根町行きで40分元箱根下車、徒歩10分

地図はコチラ

さぁ、箱根神社の拝殿にて

ご挨拶をしましたら

そのお隣っ!!

九頭龍神社新宮でーーす。

うわぁぁああああぁ〜〜っっ

ぐるぐるぐる〜

ぐるぐるぐる〜っ

ひえぇえぇ〜エネルギッシュだよぉ〜〜〜。

勢い溢れる明るい力

力強い気が前から流れて

大きな力がぐるぐる動いてる〜。

まるで本当に龍神の長い蛇のようなお体が

うねりながら動き

その風を浴びているような迫力ある力の気だよ〜。

えっと

これは、今日の天気が、雨だから

龍神様大活躍されていらっしゃるのかしら??笑

いつも以上にパワーアップされているような気がしますぅ。

ここは、私にとっていつもね

よし!がんばりますよ。

だから、見ててくださいね。よろしくお願いします!

そう宣言したくなるところなの。

自分が行動して動いていたら、

その勢いある流れを起こしてくださる気がするんだ。

そーしてっ

私は龍神さまのお水をいただきますぅ〜〜っっ

九頭龍神甘露の霊水

箱根神社の龍神水

境内より湧き出る霊水は

箱根大神が鎮まる箱根山を水源とし、

権現御手洗の池と称されています。

九頭龍神が御守護される芦ノ湖を湧き満たす

龍神甘露の霊水です。

手の平にうけ、口を漱げば一切の不浄を洗い清め

家の神だなに供えて用いれば

家内清浄という縁起があります。

それとね、私のおすすめは〜

誓願所。

願い串と起請文での誓願成就

武家社会の基本法典として、

鎌倉時代に制定され江戸時代に至るまで重用されてきた

御成敗式目に付された起請文(神仏に捧げる誓約文)には

箱根大神が願いを捧げる神の筆頭にあげられています。

この時代には、何事にも事を起こす際には

牛玉宝印ごおうほういんに起請文を付して御神前に誓願し

その後は請文で誓った事柄を日実践して

誓願の成就を願うことが行われてまいりました。

牛王宝印は、神様との誓約の他、家の中や玄関に貼れば

家内安全や厄除け、盗難除けの御神札としても

用いられてきました。

皆さま方には鎌倉時代から続く嘉例に倣い

願い串に書いた願い事が成就するために

自身が行う事柄を起請文に記し願い串とともに

御神前に納めて誓願してください。

その後は、誓約された事を日実践されて箱根大神のご加護のもと

恙なく願い事が成就されますよう祈念申し上げます。

というわけで、

開運する、願いを叶えるための

誓いをたてて、そのことに近づくため実践する生活をおくることで

自分の願いを叶えていく

神様の追い風をいただいてという感じですね。

九頭龍大神への誓願は

誓願符に願い事と九頭龍大神への起請文誓約文をかき、成就水盤にそそぐ龍神水で溶かし流し納めて誓願することで、頭龍大神に届くというものです。

二種類あるんだね〜。

あっ!そうそう!!

せっかくですから、こちらに訪れたら

ぜひ湖尻にある九頭龍神社の本宮もお参りくださいね

さてさてっ、見どころは

まだまだ〜っ

安産杉の由来

この次は古代山岳信仰の名残をとどめる幸運の栄木です。

遠い神代の昔高天原から降臨された皇室の孫、ニニギノミコトがこの地上で初めて出会った木花咲耶姫命と結婚して、彦火火出見尊が誕生された神話に由来します。

箱根神社はこの皇祖三神わお祀りしていますが、この木は古代祭祀の象徴たる神籬として崇めてきたものです。

これがいつの頃よりか里人はこの大樹を健全な母胎の象徴とみなし、子孫繁栄を祈る子授け安産の杉と敬仰するようになりました。

かつて鎌倉に幕府を興した源頼朝は特に当神社を崇敬しましたが、その御台所政子の安産を祈願して、實朝が無事誕生しました。

武家や庶民の間にもこの風習が広く行われるようになったと言われます。

おおぉぉ〜〜〜

古代祭祀の象徴たる

神籬として崇められていたと伝えられる御神木

この木の穴は空洞になっていて

手をかざすだけで

ビリビリビリビリ

エネルギーであふれていらっしゃいますぅぅぅ〜〜〜

わぁ〜

中にはお金がいっぱいっ笑

どこかの神社で宮司さんにおききしたところ

木にとっては

金属お金は健康上あまりよくないと教えていただいたので

わたしはご挨拶をするだけにしていますっ。

そして、箱根神社の見所は

ま〜だまだ〜

ま〜だまだ〜

今度は、境内の反対側

駐車場をぬけますと

きたあああぁぁぁぁ〜〜〜っっ

こちらは

箱根権現の跡

古来山岳信仰の一大霊場として

衆庶の信仰を集めてきた箱根神社

奈良時代天平宝字元年

萬巻上人の勧請により、箱根三所権現として

この地に建立されました。

古来1230年余年、時代とともには寧してきましたが

この間、数度の災禍にあい

300年前の江戸時代に現在の社地に奉遷されました。

今ここに残る円形柱座の基礎は

往時の壮大な社殿の遺構が偲ばれる大切な文化財です。

尚周辺は史蹟保存と環境整美のため植えられたシャクナゲの庭園です。

樹木を傷つけないよう大事に鑑賞ください。

つまり

箱根神社があった場所。

火事のため引越されたとのことですが

ここがまたまた

パワーが素敵なところなのです〜。

はぁあぁぁぁ

ぐる〜ぐる〜

ぐる〜んぐる〜ん

サラサラ〜

フワフワ〜

趣ある石には緑の苔が広がり、

木や草木が生きる、静かな自然の聖地。

ところどころ基盤の跡や灯篭があり

細い道に緑がいっぱい。

時より頭上の高いところに吹く風で

杉の木が手を振るように、大きく揺れうごいてるよぉ。

遠くのほうからも

鳥の鳴き声が響く

静寂な聖地。

ここは

自然界の元の姿を取り戻しているんだね。

この中にいるだけで

心の中をクリーンな水分が満ち溢れてくる。

いい所だなぁぁ。

さぁ、帰りは行きとは違う参道から。

そうすると

龍神社や

箱根七福神神社

弁財天社に出会えますよ。

それと

久にきたら、駐車場に新しくできてました。

権現かわめもちさんへ。

鰹ぶしの味いっぱいですが

なかなかおいしかったでしたよ〜。

ちょっとだけピリ辛だけど

辛い!って感じじゃないです。

説明がむずかしい。笑

五色もちもあるので

休憩にいかがでしょうか〜??

っというわけで

箱根神社、堪能しちゃいました。

晴れた日は、駒ケ岳ロープウェイにのり箱根元宮

それから、九頭龍神社本宮もセットでお参りくださいね〜