人と人の関わり方(頻度や対人距離)

箴言/ 25章 17節

友人の家に足を運ぶのはまれにせよ/飽きられ、嫌われることのないように。

箴言/ 25章 17節

隣り人の家に足をしげくしてはならない、おそらくは彼は煩わしくなって、あなたを憎むようになろう。

隣人が良きサマリヤ人であり続けるには、対人距離と状況に応じた関わり方が欠かせない。

人と人の関わりには、勘を働かせ、礼と節度を弁えよ。ある人は日々の関りが無ければ寂しく感じるが、ある人は厭わしく感じる。

木には節があるが、節の間隔は一定ではない。節の堅さや性質も一定ではない。

節に近づけば堅さが増してくる。近づけば刃が節は刃を遠ざけようとする。人が人と関わるにも節の抵抗を勘で認識しなければならない。

もし、人が人の節に当たれば刃こぼれするか、木を傷めてしまい双方に損失となる。

軟らかい言葉の食物は、大人には威嚇や叱咤となる。しかし、大人に軟らかい言葉の食物を提供せざるを得ない時もある。

隣人愛と良識をもって節とその近くを認識できれば、主は人と人のその関りに祝福をくださる。

時と状況と関わり方の勘は、潤滑油と歯車のようであり、正しくかみ合えば心地よく滑らかに回り実に有益なものである。

たとえ潤滑油があろうと、ひとたびかみ合わせや回転が合わなくなれば、歯車は欠け軋みをあげて破損する。

軟らかい言葉の食物は、大人には威嚇や叱咤となる。しかし、大人に軟らかい言葉の食物を提供せざるを得ない時もある。