生きる目的は一つじゃない!

ハイエフィカシー!

自分の生きがいはコレです!

私はこれをするために生まれてきた!

そんな風に思える仕事や趣味、生きがい、生きる目的があるというのは素晴らしいことですよね。

自分のやりたいことがなかなか見つからず、他人の決めたレールだけで生きているよりもずっと幸せだ、と思えるでしょう。

しかし、こうした生きる目的という思いが強過ぎて、コレしかない、と思い始めると、かえって人生の可能性を狭めてしまうかもしれません。

どういうことかというと、そうした生きる目的と思っていることが、なんらかの事情で出来なくなったり、求められなくなる事があるからです。

自分が生きている理由はコレしかない、と強く思い、それが阻まれた人生はどうなるでしょうか?

きっと絶望となり、人生を辛く苦しいものにしてしまうでしょう。

生きる目的は一つではありません。

人は幸せを求めて生きていると言えるならば、求める幸せは一つだけではないのです。

一つの目的でしか幸せになれないと思い込むことは、とても勿体無いことだと思いませんか?

生きる目的はたくさんあって良いのです。

求める幸せはたくさんあって良いのです。

自己啓発の権威で教育者として世界的に著名なルータイスは、幸福にはいくつかの段階があり、それらをバランスよく求めていくことを推奨してくれます。

そして、自分自身がどうすれば幸せな人生を送ることができるのか、その万人に共通した科学的手法を教えてくれるのです。

こうしたことを体系的に学ぶことができるのがTPIEプログラムであり、どなたでも参加可能なのが、TPIEオープンセミナーなのです。